本文へスキップ
ホーム お知らせ 当労働組合について 組合ニュース 団体交渉 その他 組合員のページ
イメージ写真1

当労働組合について

組合情報
組合概要
名 称 飯能信用金庫労働組合
所在地 埼玉県飯能市八幡町1−3(飯能中央支店別館2階)
結成日 2011年3月24日
目 的 組合員の自主的団結と相互扶助の精神に基づき、組合員の生活権の確保、労働条件の維持改善、社会的経済的地位の向上を図るとともに、飯能信用金庫およびその関連企業の透明性のある民主的な経営による健全な発展に寄与することを目的に掲げ、次の項目を当面の重点目的としています。
 1.組合員の雇用の確保
 2.組合員の待遇の維持、改善
 3.職場環境の向上
 4.職場内での法令違反の解消
 5.人格・能力・経験が尊重されない業務、体制の排除
 6.働きがいのある職務の獲得
 7.顧客、地域への情報の提供
役員構成 執行委員長 1名
執行副委員長 1名
書記長 1名
執行委員 2名
会計監事 1名
構成員 飯能信用金庫および関連企業に働く労働者
加盟上部団体
全国金融労働組合連合会
(金融労連)
結成以来50年以上の歴史ある「全国信用金庫信用組合労働組合連合会(全信労)」を前身に持つ組合です。
全国金融労働組合連合会 東京地方連合
(金融労連東京地連)
金融労連に加盟した都内信用金庫の労働組合10単組で組織された組合です。当労働組合の結成にあたり、大変お世話になった「さわやか信用金庫従業員組合(組合員約900名)」も加盟単組の一つです。
組合加入方法
組合員を募集しております。※詳細は連絡先までお問合せ下さい。
加入要項
加入条件 飯能信用金庫および関連企業に働く労働者
ただし、労働組合法第2条1号に該当するものを除く
組合費(月額) 職員 基準内賃金の1%(但し、上限3,000円)
嘱託 2,000円
パート 1,600円
連絡先 TEL/FAX : 042-972-6116(直通) 
E-mail : mail@hanno-shinkin-union.jp
FAQ
よくあるご質問

Q. 労働組合活動をすることにより、会社から昇格・昇進で差別されることはありますか?

A. 労働組合の活動は、日本国憲法で保障された労働基本権(団結権・団体交渉権・団体行動権)により、労働者は守られています。組合加入により、その労働者に対して不利益な取り扱いをすることは、労働組合法第7条違反となり、厳しく処罰されます。

Q. 組合活動で何か拘束されることはありますか?

A. 組合活動は組合員個々の自由意思により行われるのが大原則です。仕事、プライベートなど今まで通りで結構です。ただし、月一回の会議および年1回の組合大会(8月頃)は、できる限り参加して下さい。

Q:団体交渉はどのように行われるのですか?

A:組合側は執行委員長をはじめとして、参加を希望する組合員にはできる限り参加していただきます。また、場合により、上部団体から参加いただくことがあります。また、会社側は人事部の担当理事、人事Gの担当者および会社の労務相談員の方が同席されます。今回の社内組合結成に伴い、代表理事(理事長、専務、常務)の出席も要求しています。

Q:正しい残業が申告できない時の対応方法はありますか?

A:残業したにも関わらず、その時間に応じた割増賃金が支払われない(申請できない)のは労働基準法違反です。

労働基準法119条では、同法37条に違反した者に対して、6か月以下の懲役または30万円以下の罰金に処すると定めています。「違反した者」とは営業店では「管理監督者(支店長等)」をいいます。もし、正しい残業が申請できていないのであれば、まず、毎日記録をとりましょう(実働残業時間○○時間など)。そして、当組合へ連絡下さい。秘密は厳守します。サービス残業は絶対に許せません。 

Q:組合に加入したことを会社に知られたくないのですが?

A:組合加入時に当組合の規約と加入届をお渡しします。加入届には会社への加入通知可否の欄があり、「否」を選択された場合には、会社へは加入の通知はしません。また、会社から組合員名簿を提出することを強要することはできず、また、当組合からも組合員名簿を開示することはありませんので、ご安心下さい。
 
Q:組合費はどのように利用されるのですか?

A:組合費の使い道は大きく分けて二通りあります。一つは、当組合の活動費(組合活動で要した交通費、組合ニュース印刷費、事務用品費等)です。もう一つは、当組合は上部団体へ加盟していますので、月々の加盟料を加盟上部団体へ納めます。毎年度末(8月末)には、会計監事による監査を実施します。また、組合員であれば、常時、会計の開示請求が可能です。
Q:組合費は賞与の時も別途発生しますか?

A:組合費は月額のみで、賞与では別途発生しません。なお、月々の支払いでなく、賞与支給時に半年分もしくは一年分をまとめて納入いただくことも可能です。